森永製菓直伝!自宅でふわふわにホットケーキを焼く方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホットケーキ

お家で作るホットケーキは、お店で食べるふわふわで厚みがあるホットケーキにはならないと諦めていませんか?

実はちょっとしたコツさえ知っていれば、お店と遜色ないふわふわで分厚いホットケーキを作ることが出来るんです!

森永製菓が教えてくれた自宅でのホットケーキの作り方をご紹介します。


森永製菓直伝!お店レベルのホットケーキの作り方(生地編)

生地にマヨネーズ

パティシエ

一般的なホットケーキの生地の材料は「卵」、「牛乳」、「ホットケーキミックス」の3つでしょう。

しかし、ふわふわなホットケーキを作るためには、さらに「マヨネーズ」を大さじ1杯加えてあげる必要があります。

なぜマヨネーズが必要なのか?

ホットケーキミックスの中にはベーキングパウダーが含まれています。

ベーキングパウダーは、マヨネーズの中に含まれているお酢の酸と反応すると、炭酸ガスを発生させます。

この炭酸ガスが生地を持ち上げてくれるため、ふわふわな仕上がりのホットケーキになるのです。

具体的にどのくらい厚さに違いが出るかというと、マヨネーズを入れずに作ったホットケーキの厚さが1.2cmに対して、マヨネーズを入れて作ったホットケーキは約2倍の2.3cmもの厚さになります!

ほんの少しのマヨネーズで大きな差ですね。

なお、マヨネーズを入れることで、マヨネーズの味がついてしまうことを心配する方がいるかもしれませんが、マヨネーズの味は全くしませんのでご安心ください。

全部の材料を一気に入れない

「卵」、「牛乳」、「ホットケーキミックス」は全てを同じタイミングで入れてはいけません。

材料を混ぜる時は「卵」、「牛乳」を先に混ぜてから、「ホットケーキミックス」を入れてください。

かき混ぜすぎに注意

ホットケーキ

「ホットケーキミックス」を加えたら、みなさん生地が滑らかになるまでかき混ぜる必要があると思っていませんか?

実は15回〜20回混ぜるだけでいいんです。理想としては少しダマが残る程度

「卵」、「牛乳」を先に混ぜてから「ホットケーキミックス」を加えるというのも、このかき混ぜすぎを防ぐ為なんです!

滑らかになるまでかき混ぜる必要がない!ってかなり驚きですよね。

森永製菓直伝!お店レベルのホットケーキの作り方(焼き方編)

生地の流し込み

ホットケーキ生地

一般的にはホットケーキの生地は、低い位置からゆっくりとフライパンやホットプレートに流し込みますよね。

だけど、これだとキレイな丸い形にはならないんです。

キレイな丸い形にするには、30cmくらいの高さから一気に落として入れます!

この方法だと重量により生地が均等に広がって、キレイな丸い形になるんです。

生地の裏返し

生地を裏返すときにもポイントがあります。

普通、生地を持ち上げたら、その場でさっと裏返します。

けど、これだと生地が斜めに着地してしまい、生地が寄っていびつな形になってしまいます。

だから、生地を裏返すときは、高い位置まで持ち上げてから、叩きつけるように裏返します。

逆にぺしゃんこになっちゃうんじゃないの!?と心配になるかと思いますが、問題ありませんのでご安心を。

以上でホットケーキ作りのコツはおしまいです。

おわりに

生地の作り方といい、焼き方といい、今までの作り方と真逆に近い方法だったりするので不安になるかと思いますが、実際にわたしが試したところ本当にお店のような仕上がりになりました!

分厚いふわふわのホットケーキ、みなさんもぜひお試しください。

TBS「この差って何ですか?」の内容をもとに記事を作成しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。